頭が働かない人の特徴3個!理解力がなく気遣いが苦手!

最終更新日:2018年2月3日

人は最初に頭で物事を考えてから行動に移します。

ですが誰もが同じくらい的確に頭を働かすことが出来るわけではないのです。

中にはスムーズに頭が働かない人も存在しています。

ここでは頭が働かない人の特徴について紹介していきます。

1.すぐに返事が出来ない

頭が働かない人の特徴として頭の回転が遅くてすぐに返事が出来ない人が多いと言えます。

これは非常に分かりやすい特徴で聞かれ事に対してすぐに返事が出来ずに言葉に詰まってしまいます。

難しい内容でならすぐに返事が出来なくても仕方がないと言えますが、頭が働かない人の場合は簡単な質問に対しても言葉に詰まってしまいます。

人によっては日常会話の中、買い物中に計算が必要になった時に普通は暗算で計算できるような簡単な計算でも頭が働かない人はスムーズに計算することが出来ないのです。

面倒な計算式の場合は堂々と計算機を使用すればいいのですが、誰もが当たり前に暗算で出来る様な算だと計算機を使用することを躊躇してしまい知ったかぶりで誤魔化すなんてことも少なくないと言えます。

さらに日常会話でふいに質問されても言葉を上手く返せない人が多いのですが話を聞いていない訳ではなく急に質問されたことにビックリしてどう返事をしたらいいのかパニックってしまいます。

2.理解力がない

頭が働かない人の特徴として理解力がないと言うことが出来ます。

多くの人は普通に理解することが出来る内容でも1人だけ理解できずに周囲から遅れを取ってしまいます。

学校、職場で共同作業をする際には1人だけ作業内容を理解できないから周囲の人はイライラしてしまいます。

頭が働かない人というのは普通の人が1度で理解できることを十回くらい説明されてようやく理解できるといった感じです。

つまり何度も説明してもらわないと理解することは困難と言えます。

あと簡単な説明では理解できないケースが多いので一から十まで丁寧に説明をする必要があります。

逆に頭がいい人は自分はすぐに物事を理解することが出来るので説明内容を省略してしまう人が多いと言えます。

ですが省略した説明では頭が働かない人には伝わりません。

本人も自分だけ説明内容が理解できていないことは認識していて、周囲の雰囲気が悪いのも感じているのですが一生懸命になればなる程焦って混乱して理解力が低下してしまいます。

だから理解力が低い人を責めても解決には繋がらないので丁寧に説明してあげるようにして下さい。

3.気遣いが苦手

頭が働かない人の特徴として気遣いが苦手な点を挙げることが出来ます。

グループの中で特に指示を自分で気づき行動に移せる人も存在しますが、中には誰かに指示してもらわないと何をしていいのか分からずに行動することが出来ない人も存在します。

頭の働きがいい人は気の利く人が多く、周囲の様子を見て今は何をするべきかを自然に察知することが出来ます。

ですが頭が働かない人は誰かに指示されるまで次に移すべき行動に気づくことが出来ないのです。

そして頭が働かない人というのは会話中も気を利かせることは出来ません。

目上の人と話をする場合は相手を立てることが礼儀と言えます。

お世辞、慰めの言葉を掛けて相手との関係を良くする為に努めるのも社会人としてのマナーです。

ですが頭が働かない人はそんな気遣いが出来ないのでストレートに本音を伝えてしまい相手の機嫌を損ねる事が少なくありません。

本人は嫌味のつもりはないのですが相手にとって気持ちがいいモノではないと言えます。

社会に出ると人間関係を円滑に築く為には相手に対する気遣いが必要と言えます。

だから頭が働かない人は人間関係を築くのも得意ではないと言えます。

頭が働かない人の特徴は簡単な質問であってもすぐに返事をすることが出来ない人が多いことを挙げられます。

さらに理解力がないので一から十まで分かりやすく説明をする必要があります。

あと頭が働かない人は気遣いが苦手で人間関係を築くのが得意ではないと言えます。