コミュニケーション能力が高い人の特徴3個!

最終更新日:2018年2月6日

コミュニケーション能力が高いと、どんな場所場面でも周囲の人と打ち解けるのが早く、周囲との信頼関係も早い段階で築き上げることができます。

そもそもコミュニケーション能力が高い人はどんな特徴を持っているのでしょうか?では、コミュニケーション能力が高い人の特徴をご紹介します。

1.基本的なコミュニケーションができている

挨拶はもちろん、その場にあった服装身だしなみができているのがコミュニケーション能力が高い人の特徴です。

その理由としては、その場にあった服装身だしなみができていて、相手にきちんと聞こえる声で挨拶ができていると初対面の場合かなり好印象な第一印象になります。

その結果立ち振る舞い等が評価され、後の信頼関係に繋がり自然とコミュニケーションも取れて行くのです。

ですが、相手が上司だからといってペコペコした態度をとったり、相手が部下だからといって横柄な態度をとるのは基本的なコミュニケーションではないのでこうした態度には注意しましょう。

ですが、ごますりまではしなくても相手が心地良さを感じる発言等をしてあげるとより信頼関係も築きやすくなります。

立ち振る舞いだけではなく、ちょっとした礼儀や食事のマナー等も身についているとより周囲との信頼関係も厚くなります。

2.相手に合った人を演じられる

人間誰しも〝キャラ″を演じています。

キャラというと〝ぶりっ子″や〝天然″といった感じを思い浮かべる方も少なくないと思いますが、コミュニケーション能力が高い人は相手に合ったキャラを演じられるのが特徴です。

例えば相手がツッコミをよくする人であれば〝ボケ″になったり、相手が話したがり屋さんであれば〝聞き役″になったり、場を盛り上げる人がいない時は〝盛り上げ役″になることもできちゃうのです。

もちろん、うるさい場所が苦手な人にはその人に合った居心地の良い空間を作ることもできます。

その場その場で相手に合った人を演じることができるため周囲の人たちからは好かれやすく、警戒されることなく可愛がってもらえるのです。

また、相手に合った人を演じられるだけではなく、相手に合わせた知識レベルで、相手に合わせた会話ができてしまうのもコミュニケーション能力が高い人の特徴です。

3.本音を言う

コミュニケーション能力が高い人は相手が悩んでいることに対して「〇〇はよくないよ」「〇〇さんって〇〇だよね」等の言葉を相手に言ったりしないのが特徴です。

その理由としては相手の事を否定したり、決めつけるのが嫌いだからです。

本当に相手が間違っている時であれば注意をしたりはしますが、その人自身を否定したり、決めつけたりは絶対にしません。

相手に伝えたいことがあるときは感情的になって物事を伝えたりするのではなく、相手のためを思った良心で本音を言ってきたりします。

もちろんこの時も相手のことを否定したり決めつけるのではなく、よくない部分を伝えた後に相手の良かったところを褒め、本音で解決する方法を話してくれます。

コミュニケーション能力が高い人は相手への伝え方も上手なので「この人に話して良かった」と相手が思うのも特徴でしょう。

本音をきちんと言えることで〝良い相談相手″として周囲からは頼ってもらえる存在でもあります。

コミュニケーション能力が高い人は〝努力″をしているのではなく、生まれ持った〝武器″でもあります。

コミュニケーション能力を武器として生まれてこなかった人でも努力次第でコミュニケーション能力を身に付けることができます。

身に付いていて困ることはないので、、周囲からの信頼等を得ようとしている人はまずは1つでも身につけておくといいでしょう。