期待に応える人の特徴5個!自分の可能性を信じる!

最終更新日:2018年2月11日

世の中には、期待に応えられる人と、そうではない人がいます。

できることなら、期待に応えられる人になりたいものですよね。

そういう人の特徴を学ぶことで、自分も期待に応えられる人になれるように頑張ってください。

1.実現可能な期待に応えるようにしている

まず、大前提として、実現可能な期待に応えるように心がけているということが挙げられます。

どういうことかというと、例えば両親などは、子どもに対して無茶な理想を期待してくることがあります。

そういうものに振り回されていると、本当にあなたの実力を知り、向いていることの分野で期待をしてくれている人たちの期待をかえって裏切ってしまうことに繋がりうるのです。

ですから、様々な人からの期待に対し、まずは実現可能なものなのかどうかを精査することが大切です。

誰の、どんな期待に応えたいのか、自分を振り返り、冷静であることが大切なのだといえます。

2.焦らないで、コツコツ努力することができる

巷を賑やかにしているアスリートや、成果を収めている人たちについても、いきなり華やかな世界に入っていったわけではありません。

人から見えないところで、コツコツと努力を続けているからこそ、成果を上げて、人々の期待に応えることができるのだといえます。

ですから、焦らないという姿勢はいつでも大切です。

種を蒔き、それが芽を出すまで、また、その芽を摘んでしまわないで花を咲かせるところまで育てていくということは、根気も必要であり、また、時間がかかるのは仕方のないことです。

近年、若くして成功することや、早く結果を出すということが必要なような風潮がありますが、そういうものに惑わされないことも大切だといえるのです。

3.中傷に負けてしまうことがない

何かに対して努力をして、結果を出しそうになると、必ず邪魔をしてくる人が出現するものです。

そういう人は、あなたが成果を出すことが気にくわないので、あれこれ嫌なことを言ってくるかもしれません。

しかし、成果を出せるか否かは、こうした邪魔に対してどのように応えるかで変わってくるのです。

たとえ、一見アドバイスめいた言い方であっても、あなたを低レベルのままにしておこうという本心があるような言葉は受け入れてはいけないのてす。

人の期待に応えたいものですが、あなたの失敗を願うような人の期待は無視をしてもかなわないのです。

4.結果にこだわりすぎることがない

失敗してはいけないと思い詰めすぎると、かえって失敗してしまうということがあります。

また、生真面目な人ほど、失敗してはいけないというプレッシャーにより、精神を病んでしまうということも往々にしてあり得るのです。

いったん精神を病んでしまうと、人の期待に応えるどころか、自分のことが自分で出来ないという苦しい状況になってしまいます。

ですから、チャレンジをするときに、あまり結果にこだわりすぎるのは良くないといえるのです。

成功したいと思い詰めすぎるのも、失敗をしてはいけないと思い詰めすぎるのも、どちらも精神衛生上良くありません。

5.今に集中することができる

思い詰めすぎるのではなく、今現在に集中することで、かえって良い結果を出すことが出来るということは多いです。

先のことを考えて不安にならずに、今できることを精一杯やっていくという姿勢が大切です。

そして、人によっては、成果を出すために休息をとることが必要なこともあります。

休んでいては人の期待に応えられないではないか、と思う人もいるかもしれません。

しかし、ワークライフバランスを考え、効率よく結果を出すということは、賢いやり方です。

様々な視点から、人の期待に応えられる人の特徴を見ていきました。

こんなのは自分にはできない、と思い込んでしまわずに、自分の可能性を信じてみましょう。

自分で思い込んでいる能力以上をあなたは持っている可能性があります。

ですから、あなたを成長させてくれる人たちの期待に応えていきましょう。