腰が低い人の特徴3個!常に笑顔も実は性格が悪い!

最終更新日:2018年1月29日

腰が低い人は、人あたりが良く接する立場からすると好印象を感じます。

しかし、腰が低い人の中には本当に腰が低い人と、目的があり腰を低くしている人がいます。

そこで、腰が低い人の特徴について紹介します。

1.下心がある

意図的に腰が低い人は、何かしらの考えがあって低姿勢や感じの良さなどを装っています。

営業マンは腰の低いタイプが多く、仕事上あえて腰が低い人になっていて、腰の低さを継続できる人ほどプロフェッショナルと言えます。

営業マンでも相手の対応によっては、高圧的な対応をする人がいて、営業をしかける人間としては相応しくありません。

下心を表に出さない営業をできる人は、成績を残すことができる傾向で、下心見え見えな営業やお客の対応次第で平常心を失う営業マンは成績が低い傾向です。

人間性から腰が低い人より目的があって腰が低い人の方が圧倒的に多いですが、それを分かっていても腰が低い対応をされると嬉しいものです。

2.実は性格が悪い

腰が低い人を見ると、見た目と性格の印象に違いがあるケースが多く、実は性格が悪いという特徴があります。

腰が低く低姿勢な対応、敬語を誰にでも使うなどのタイプは、付き合いが長くなると性格の悪さを感じることがあり、初対面で丁寧な人ほど性格が悪いという可能性があります。

性格の良さや優しさなどから腰が低い人は本当に腰が低い人で、付き合う期間が長くなっても最初と印象が変わらない特徴があって、場合によっては他の良さまで見えてきます。

自分の性格が悪いと認識していたり会話が苦手な人は、自分を良く見せるために腰が低い人のような対応をしがちです。

腰が低い人で連想されるのは、親切や感じがいい、善人、理解してくれるなど良い印象がほとんどです。

また、人を立てる手段は腰を低く接することも効果的な方法のため、腰が低い人を装うケースは多々あります。

その為、性格の悪さを隠す手段に人間として理性的な腰が低い人を真似る傾向があり、良い人になりたい願望から真似ているケースもあります。

3.笑顔

腰が低い人の代表的な特徴は、いつでも笑顔でいたり要所で必ず良い笑顔をするなどです。

笑顔は好印象を与える効果的な方法で、よっぽどの相手ではない限り笑顔は最強の武器です。

笑顔でいると良い人だなや、腰が低い人だななどの印象を与えるため、笑顔が素敵な人やいつ見ても良い笑顔をしている人は腰が低い人に見られやすいです。

また、良い笑顔を出せる人は良い性格がにじみ出ているので、中身が良いから良い笑顔ができるとも言えます。

逆に、性格が悪い人の笑顔は人間性の良さを感じない傾向があり、笑顔にしても腰の低さを感じないという特徴があります。

笑顔は接客業で大切な部分ですが、笑顔が苦手な人は接客業に向いていないと言われます。

理由は、笑顔がイマイチだと無愛想に見られる可能性が高く、腰が低い接客に見られないからです。

お店へ行って、店員さんが素敵な笑顔で接客してくれると、腰が低く低姿勢で丁寧な対応をしてくれたという印象を受けます。

その位笑顔は大切で、人間性を印象づける重要なポイントでもあります。

知らない人と目が合った場合、軽くニコッと笑顔にするだけで相手の受ける印象は変わり、大抵良い方向になります。

笑顔は、好印象や腰の低さを感じさせるテクニックとも言えます。

腰が低い人の特徴を見ると元々腰が低い人か、あえて腰を低くしているかが分かりやすいという特徴があります。

会話をすると更に分かりやすくなるので、この人は本当に腰が低いか見極めたい時は、会話をしながら表情の変化を確認すると、どんなタイプの腰が低い人か把握することができます。