うんざりする人の特徴5個!約束を守らず言い訳ばかり!

最終更新日:2018年2月10日

誰かにうんざりさせたれた経験はありませんか。

一度うんざりさせられると相手を信用できなくなり、できれば関わりたくないと感じますよね。

あなたがうんざりさせられた人はどんな人でしたか。

今回はそんなうんざりする人の特徴について見て行きます。

1.口ばかりで約束を守らない

口では上手いことを言って行動で表さないのが、うんざりする人の特徴です。

その場では上手いことを言って相手を信用させ、結果的に約束を守りません。

仕事でも上司にいい顔をしたくて「任せてください」と自ら仕事を引き受けながらも、結果その仕事を誰かに手伝わせている状態になっているという人はいませんか。

口が上手い人には気をつけましょう。

2.自慢ばかりしてくる人

うんざりする人は自分が大好きです。

他人にいいふうに思われたいと常に感じています。

自分の自慢話をすることで他人が自分をよく見てくれると勘違いしている部分があります。

自慢話ばかり聞かされると本当にうんざりするし、めんどくさいと感じます。

自分好きなのはいいですが、他人まで巻き込まないで欲しいと周りは感じています。

3.言い訳ばかりする人

自分が失敗したら悪いことをしても言い訳ばかりして自分の悪い部分を認めない人にうんざりします。

素直に受け入れてくれればいいのに、自分は悪くないとばかりに言い訳をして自分の非を認めません。

この言動は周りの信頼を失い、自分が損するばかりです。

しかし、プライドが高いのか自分が悪いと認めようとしないのか特徴です。

自分が少しでも悪いと感じれば、ただ一言「ごめんなさい」と謝れば済むことなのに言い訳をして自分を守ろうとする姿勢はカッコ悪いです。

4.ネガティブなことしか言わない人

次にうんざりする人の特徴はネガティブなことしか言わない人です。

ネガティブなことばかり話されるとこちらまで気分が沈んでしまい、楽しくありません。

自分が意見を言っても否定をされたり、自分の自信のないところをひたすら聞かされるとうんざりします。

「どうせ私なんて」と言われるとなんと返答するのがその人にとって正解なのかがわかりません。

ポジティブな発言をする人と話をした方が気分も良く、元気になります。

ネガティブなことばかり考えずに少し前を向いて考え直してもらいたいです。

5.悪口や噂話ばかりする人

こちらも話して気分が悪くなるタイプです。

人の悪口や噂話ばかりする人です。

人の悪いところを常に探し、噂話には聞き耳を立ています。

少しでも他人の情報が入ると誰かと話したくてたまらなくなります。

しかし、他人の悪口や噂話をずっと聞かされるのは気持ちいいものではありません。

言われる当人にはとても同情します。

自分のことを聞かれても自分のことに関しては回答せず、他人の話へとすり替えます。

噂話ばかりする人は他人から自分の話をするのは嫌います。

しかし、自分は他人の悪口やうわさ話をします。

多少の愚痴はしかたありませんが、面白おかしく他人について話して欲しくありません。

うんざりする人についてみてきました。

どのタイプも積極的には関わりたくないですよね。

自分に自信がない人、自己中心的な人、自分が大好きな人どのタイプも全く違いますが行き過ぎると関わるのが少しやっかいです。

人をうんざりさせる行為は、最初でも述べたように他人から信頼を失います。

話していても面白くありません。

ここで見てきたうんざりする人たちと関わる方があったら、深く関わらないようにすることをオススメします。

うんざりと感じると精神的にも疲れてしまいます。

相手に信頼を失うたわけでなく、その人と関わることでストレスも溜まります。

うまくかわしながら、深く関わらないように接することがベストです。