口が堅い人の特徴4個!意思が強く真面目!

最終更新日:2018年2月13日

口が堅い人は大切な話をしても他の人に喋る心配がないので、話をしやすい人でもあります。

口の堅さは、性格の影響が大きいため特徴も性格的な部分に多い傾向です。

そこで、口が堅い人の特徴について紹介します。

1.意思が強い

口が堅い人は他の人に喋らないという意思を貫き通せるので、意思が強いというタイプが多く特徴でもあります。

意思が弱いと軽はずみな行動をしがちなため、ついつい喋ってしまうという傾向があり、こういったタイプは口が軽くお喋りな人です。

内緒にしてねと言われた内容は、人に話したくなる心理があり意思が内緒にするか判断しますが、意思の強い人は内緒にすると決めたら変えることはなく口が堅い人になります。

また、意思が強いと周りの影響を受け難いので、人の話を聞きたがるタイプが迫ってきても口車に乗って話をしないという点があります。

世の中には聞き上手や聞き出し上手がいて、内緒の話に興味があり聞こうとしますが、口が堅い人はそういった人にも喋らないタイプです。

逆に、口が軽い人は内緒にしていることを負担に感じ、聞き上手の人ではなくても直ぐに喋ってしまいます。

2.人の気持ちを考えられる

人の気持ちを考えられるタイプは、これを喋ったら可哀想だなや辛いだろうなどを考えるため、安易にその人の情報を周囲には話しません。

その為、人の気持ち考えられるという点は口が堅い人の特徴で、人を尊重できるからこそ簡単に話を漏らさないと言えます。

歩くスピーカーと言われるほど口の軽いタイプがいて、そういった人を見ると人の気持ち考えないタイプがほとんどで、人より自分という考え方が多い傾向です。

人の気持ちを考えられないタイプは、人がどうなっても自分には関係ないと思うため、周囲にその人の話をすることで対象者の立場が悪くなりそうでも簡単に話をします。

口が堅い人ほど思いやる心があり、口が軽い人ほど自己中心的なタイプが多い傾向です。

3.人間関係が面倒くさいタイプ

口は災いの元と言われますが正にその通りで、安易に話をすると思わぬトラブルの原因になります。

中でも、人の話を周囲にすると巡り巡ってその人の耳に入り、人間関係に影響を与える可能性もあります。

そういったトラブルを回避するには、口が堅い人になるという方法が効果的な対策で、人間関係が面倒くさい人ほど口が堅い人になりがちです。

また、話が好きなタイプは人間関係を広くしたいという考えがあるので、結果的に人についての話を直ぐにしてしまい様々なトラブルに巻き込まれたり、トラブルの原因になるケースがあります。

人間関係が面倒くさいので関わりたくないという人は、口を堅くするのが1番の方法です。

4.真面目

真面目な人は色々な内容を真剣に捉えるため、会話をする時も慎重になり軽はずみに人の話をしないという傾向があります。

不真面目な人は、一つ一つに慎重な考えを持たないので、軽はずみな行動をする傾向があり人に話すという行為も簡単にやります。

真面目だと、自分が話をしたことで何かのトラブルになった場合、責任を強く感じてしまうため言葉の重みを感じることができます。

自分は悪いことの原因になりたくない、トラブルに巻き込まれたくない、人に迷惑をかけたくないなどを考えられるタイプは真面目な人で、自然と口が堅い人になります

口が堅い人の特徴は、性格が真面目だったり信念の強い人など色々な部分があり、人によって違いがあります。

また、口が堅いと信頼される人間になるため、重要な役割を担うケースが多く仕事面で充実するタイプです。

人に嫌われるタイプは、お喋りで何でも周囲に話をするという人のため、軽はずみに人の話をしないという考え方がトラブルを避けられ、人と上手くやっていけます。