責任感が強い人の特徴5個!真面目で自分に厳しい!

最終更新日:2018年2月12日

責任感の強い人がいると、仕事でも趣味や友人同士の活動でも、とても心強いものです。

自分も責任感の強い人間になりたいと考える人も少なくありません。

責任感の強い人には、真面目という性格や努力できるしっかり者といった特性があります。

そこで、本記事では責任感の強い人の特徴をご紹介していきます。

1.真面目

責任感の強い人の大きな特徴は、その真面目さです。

真面目だからこそ、自分のやらなければならないことは必ず行わなければならないと認識し、行動します。

真面目でない人は「他の人がやってくれるだろう」と人任せにしてしまうので、責任感に欠けます。

責任感の強い人になるためには、たとえ自分が興味を惹かれることでなくてもきちんとやり遂げるためにコツコツ取り組める真面目さが必要不可欠です。

2.頼られることが嬉しい

責任感の強い人の特徴として、頼られることが嬉しい、ということが挙げられます。

責任感の強い人は仕事など自分のやるべきことをきっちりと仕上げるので、周囲からの信頼が厚く、困ったときや手助けが欲しい時、相談にのってほしい時など、頼られることが多くなります。

責任感の強い人は、他人に頼られることを自分が評価されていることだと受け止め嬉しく思います。

そして、自分を評価し頼ってくれる人のために責任感を持ってしっかり対応します。

こうして責任感の強い人への「真面目だ、しっかりしている、責任感がある」といった評価はより上がるのです。

3.自分に厳しい

責任感の強い人は、自分に対して厳しいです。

自分の仕事だが、どうしてもこなせそうにない、という状況に陥ることは誰にでもあるでしょう。

そうしたとき、責任感の無い人は無計画に取り組んでしまったり、途中で投げ出したり、他の人に押し付けて責任逃れをしたりします。

しかし、責任感が強い人は、そのようなことはしません。

なぜ自分には達成できそうにないのかをきちんと考えたうえで、上司や同僚、仲間に相談してやり遂げるための策を練ります。

自分に向き合って、何とかしようと奔走します。

このように、責任感が強い人は自分に厳しく接することができます。

この態度は、仕事や学業でも、成長につながります。

4.自分がしっかりしなければいけないと感じている

責任感の強い人の特徴として「自分がしっかりしないといけない」と感じているということが挙げられます。

責任感の強い人は、周囲の人が頼りない環境で育ってきた可能性があります。

周囲が頼りなければ、自分がしっかりしなければ生きていけないのですから、自然と真面目になり、やるべきことをきちんとやり遂げる責任感の強い人間に育ちます。

大人になっても「自分がしっかりしないと駄目だ」と感じ続けているため、たとえしっかり者がたくさんいる環境に置かれたとしても、責任感が強いまま仕事に取り組むことができます。

5.努力家

責任感の強い人は、努力ができます。

責任感の強い人は、自分の責任を果たすために熱心に物事に取り組みます。

そのためにはコツコツした努力が必ず求められるのです。

責任感の無い人は、たとえ自分の仕事であってもつまらないと感じたことや単純作業は投げ出してしまいます。

こうした影の仕事やつまらなく見える事柄にも、責任を持って取り組むことができる責任感の強い人は、コツコツ努力を積み重ねることを苦に感じません。

責任を果たすための努力を惜しまずに取り組むことができ、そのことが取り一層周囲からの高評価につながります。

ここまで、責任感の強い人の特徴について述べてきました。

責任感の強い人は、自分を甘やかさずに自分のやるべきことをやり遂げる力を持っています。

たとえ集団の中で特別目立ったり感謝されることはなくても、コミュニティの中で絶対に欠かせない人材です。

責任感を持つこと、そして強い責任感のもとで自分のやるべきことに邁進することで、周囲からの信頼と実績を得ることができ、よりよい社会生活を送ることができるようになります。