お金がない人の特徴4個!ギャンブル好きで心に余裕がない!

最終更新日:2018年2月14日

お金があるかないかは人間性に影響を与えるため、お金がある人とない人とでは特徴に違いがあります。

お金がない人は、行動や考え方に特徴が多い傾向です。

そこで、お金がない人の特徴について紹介します。

1.顔つきが険しい

お金がない人の表情を見ると、険しい顔つきの人が多く特徴の一つです。

お金がどの程度ないかによって違いがあり、生活に支障が出るほどお金がない人はかなり険しい顔つきになります。

顔が険しくなるのは悩みや不安など頭の中に色々なマイナス要素があるため、知らない間に表情に出てしまいます。

逆に、お金がある人は金銭的な部分の不安がないため、比較的落ち着いた顔つきをしている傾向です。

ただ、お金以外で問題を抱えている場合は顔つきが険しくなるので、見た目だけでお金がある人かない人か判断するのは避ける必要があります。

しかし、長年に渡りお金がない状態が続くと、生活に疲れてしまい顔つきは険しく、疲れた表情になるという特徴もあります。

体調が悪い人の険しい顔つきとは違った表情のため、どちらかと言うとキツイ顔つきになる傾向です。

2.ギャンブル好き

お金がない人を見ると、ギャンブルが原因でお金がなくなったという人が多く、ギャンブル好きは特徴的な部分です。

ギャンブルは、予算を決めてやる人と予算を決められない人がいて、予算を決められない人は生活に影響を与えるほどお金を使うため、お金がない人になります。

予算を決められるかどうかは意思の強さが影響するため、意思の弱い人ほどギャンブルにのめり込みやすく抜け出せないタイプです。

ギャンブルの内容によりますが、利益を目的にしたギャンブル店は最終的にお客が負けるようになるため、ギャンブルが原因でお金がない人はいち早くギャンブルを止める必要があります。

また、ギャンブル好きだと借金を作る可能性が高いため、悪循環な生き方になるリスクが高くなります。

3.お金を使い過ぎる

お金がない人はお金のない時期に色々なストレスを抱えるため、お金が入ると使い過ぎるという特徴があります。

普段から使うお金があると、欲しい物は買うというスタイルを取れますが、普段お金がないとお金がある時くらい使おうと考えて、お金を使い過ぎてしまいます。

お金持ちは節約家が多いと言われますが正にその通りで、節約するからお金が貯まり節約しないとお金がなくなります。

その為、お金がない人はお金を使い過ぎていることが原因か、収入と出費が釣り合っていないなどが考えられます。

4.気持ちにゆとりがない

お金がないと気持ちにゆとりがなくなるため、夫婦の場合はケンカが多くなります。

独身者の場合は、些細な事でも怒るなど気持ちにゆとりがない行動を取りがちです。

離婚をした人の原因は、浮気や金銭的な部分などが上位の理由ですが、金銭的な部分は離婚する可能性が極めて高くなります。

お金がないと気持ちにゆとりがないため、普段許せる行動でも許せなくなり家庭内でのトラブルが絶えなくなります。

特に、ギャンブルが原因でお金がなくなった場合は、当事者に対し許せない気持ちが強くなるので、ケンカが続き最終的に離婚するというケースがあります。

しかし、離婚することでお金がないという状況を改善できる場合は、毎日気持ちにゆとりがある生活をするためにも、離婚という選択肢は仕方ない手段と言えます。

お金がない人の特徴はお金がなくなる原因の部分に多く、大抵の場合はお金を使い過ぎるという特徴を持っています。

ただ、身体的な理由でお金がない人もいるので、そういった場合は特徴に該当しません。

稼げる身体があり働く意欲があれば、ある程度お金を稼ぐことはできるので、お金がなくて困っているという場合は収入を増やす行動が大切です。