フットワークが軽い人の特徴5個!電話やメールのレスポンスが早い!

最終更新日:2018年2月5日

みなさんのフットワークは軽いですか?それともちょっと重いですか?世の中にはフットワークが軽くアクティブに行動するタイプの人がいて、そういうタイプの人は友達からも好かれるし仕事の場でも重宝されるのであやかりたいですよね。

ここではそんなフットワークが軽い人の特徴を紹介します。

1.他の人からの誘いに必ず応じる

フットワークが軽い人の特徴は、友達からの飲み会の誘い、職場での打ち合わせの誘いなどは基本的に断らずに必ず応じることです。

確かに、ちょっと面倒くさいな、後回しにしてゆっくりしたいな、自分じゃなくて他の人でも大丈夫だよねと感じて、他の人からの誘いを断りたくなる場面があります。

しかし、フットワークが軽い人は無理をするわけではありませんが、誘われたり声が掛かるということは自分が必要とされていることだと考えて積極的に応じます。

その結果、あの人は誘えば来てくれる人だという信頼感が生まれ貴重なチャンスが優先的に自分に回ってくるようになります。

2.ちょっとの時間でも顔を出す

フットワークが軽い人の特徴はちょっとの時間、スキマ時間、空き時間の使い方が上手で無駄にしないことです。

例えば、同じ日の夜に飲み会が2件重なったら一般的な人はどっちかを断ります。

しかしフットワークが軽い人は、最初の飲み会にちょっと顔を出してひととおりの人と挨拶をして存在感を示した後次の飲み会に移動してそっちでも遅れたことを詫びつつ顔を売るということを上手にします。

たった1時間しか居られない飲み会にわざわざ行くのはお金や時間の無駄だと考えずに、距離が近いから一日の間に2件に顔を出せてラッキーと考えるところがフットワークの軽さです。

3.電話やメールのレスポンスが早い

フットワークが軽い人は、実際に顔を合わせる場面だけでなく電話やメールのレスポンスが早いです。

他の人が、作業中に掛かってきた電話に出るのが面倒で後回しにしてしまったり、問い合わせメールに対して調べてからまとめて返信しようとして後回しにしてしまうところを、フットワークが軽い人はとりあえず相手を待たせないことを優先してすぐに対応します。

「了解しました」「後で調べて返答します」というだけの返答でも必ずその場その場でするようにすることで、結果的には次の行動に早く移れるようになったり仕事を溜め込まないことに繋がっています。

それに、相手が必要としているタイミングですぐレスポンスがあるのはフットワークが軽い印象にとって最重要です。

4.いろいろなことにチャレンジする

フットワークが軽い人は行動する前にあれこれ悩んで時間を無駄にしたりせずに、思いついたら即行動するのがモットーです。

例えば新しい趣味でも「登山をするのに道具をそろえるのが大変そう」「ゴルフはお金がかかりそう」といろいろ考えて興味はあるけど手を出さないことがいっぱいあるなんてことはなく、どんどん色々なことにチャレンジしてみて、向いてなければやめればいいやという気軽な気持ちで挑戦しています。

広く浅く多趣味で、他の人からも誘いやすいです。

5.スケジュール管理が上手

上記のようにいろいろな場面でフットワークが軽い人でも、1日の時間は24時間で他の人と同じです。

それではなぜフットワークが軽いかというとスケジュール管理の上手さにあります。

悩んだり、相手を待たせたり、空き時間を無駄にしたりしないように日ごろから自分のスケジュールをしっかり管理して、相手側にもその希望をきっちり伝えつつ自分でも調整する努力をしていることでいくつもの用事を同時進行できます。

フットワークが軽い人も休息時間はちゃんと取っているし、他の人と比べてエネルギーが無尽蔵なわけでもありません。

いかがでしたか。

フットワークが軽い人は影でスケジュール調整や無駄を省く努力をしていることと、相手が声を掛けてくれたときにこたえる気持ちやそのメリットを十分にりかいしているからこそフットワークを軽くするように努めていることがわかります。

みなさんもフットワークが軽い人を見習うことで、人間関係や仕事のステップアップを図ってみてはいかがですか?