ケアレスミスが多い人の特徴4個!落ち着きがなく詰めが甘い!

最終更新日:2018年2月1日

ケアレスミスが多い人には、共通している幾つかの特徴があって、特徴的な部分がケアレスミスの原因になっています。

個人差があるものの共通した特徴は色々あるので、ここではケアレスミスが多い人の特徴を紹介します。

1.詰めが甘い

詰めが甘いという点は、ケアレスミスが多い人の典型的な特徴の一つです。

仕事やプライベートなどシーンを選ばず、詰めが甘いとケアレスミスをする可能性は高くなります。

逆に、ケアレスミスが少ない人は詰めをしっかり行っているので、最後の部分の行動によって結果に差が出てきます。

詰めが甘い人の典型的な行動は、最終確認をしないという点で、中身が良くても後一息のところでミスをします。

確認をすることはどんな時にでも大切で、確認をしっかりしているほどケアレスミスは少なくなります。

また、人の話を最後まで聞かないタイプは、尻切れトンボになるケースが多く、聞いていない部分をミスするのでケアレスミスになります。

話を最後まで聞くことは、話を聞く行為も詰めがしっかりすることになるので、その後の行動も詰めがしっかりします。

特に日本語の文法は、最後まで聞かないと分からないという特徴があるので、人の話をしっかり聞く人ほどケアレスミスは少なくなります。

2.落ち着きがない

ケアレスミスが多い人を見ると、落ち着きがないという人が多くいて特徴の一つです。

落ち着きがないと集中力にかけるため、色々な部分に影響を与えます。

例えば、聞き間違いや書き間違いなど、ケアレスミスと呼ばれる代表的なミスを起こしやすく、落ち着きがない人が落ち着く人に変わることは中々難しいので、ケアレスミスを改善するのは大変です。

ただ、集中力をつける練習をするとしないより改善されるので、ケアレスミスの軽減には期待できます。

オススメな方法は、小説など細かい文字が大量に記載されている本を読むことで、本を読む習慣が身につくと心も落ち着き冷静な対応がしやすくなります。

3.おしゃべり

手より口を優先するおしゃべりな人は、手がおろそかになりケアレスミスが多くなります。

話をしていると手や目、耳などの情報を収集し難くなるので、見落としたり聞き流したり普段できることもできなくなります。

仕事に必要な話をする場合は、集中力があるため問題ありませんが、おしゃべりは関係ない話が主流のためケアレスミスの原因になりやすいです。

ある地域の小学校では掃除中話を禁止している所があり、目的は集中力を高め効率良く掃除をするためです。

結果として、掃除の仕上がりは良くなり掃除も時間内でしっかりこなせるなど、話をしない大切さが結果として出ています。

おしゃべりをすると集中力が欠けて、ミスを起こしやすい環境になるので、ケアレスミスも起こしやすくなります。

4.経験値が低い

経験値は、年数と必ず比例するとは限らないため、勤務年数が長くても確認するという経験値は低いケースもあります。

確認するという経験は確認の仕方も良くなるので、効率的な確認ができるようになりチェックに時間をかけなくてもケアレスミスが少なくなります。

しかし、確認を適当にやっていると確認の経験値は変わらないので、いつまで経っても新人の時と変わらないようなケアレスミスをしがちです。

年数に関係ないので、若い人でも確認する経験値が高い人がいて、若いからケアレスミスが多いとは限らないという特徴があります。

ケアレスミスが多い人は原因があってミスをしていて、その原因は共通した特徴がほとんどです。

大抵の場合、落ち着きがない人やせっかちな人、注意力がない人などが多くいてケアレスミスが多い人の典型的な特徴です。

こういった特徴から枝分かれするように、細かな特徴がそれぞれあり、母体の原因は大体同じ部分にあります。