心がしんどい時の対処法5個!自分を認めて褒めてあげよう!

最終更新日:2018年1月28日

心がしんどい時は無理せずしっかりと休んで回復させる必要があります。

しんどい状況が続けば心の病気になってしまうので、そうなる前にコレをして欲しいといった心がしんどい時の対処法を紹介していきます。

1.自分を認めて褒めてやる

心がしんどい時の対処法として自分を認めて褒めてあげましょう。

基本的に人間は褒められると認められたと思い嬉しく感じます。

だけど大人になるに従い他人に褒められる機会は減ってしまいます。

なので人から認められたいといった欲求を強く感じている人が多いでしょう。

そしてそれが叶えられない状態が続けば心がしんどくなってしまいます。

そんな時は自分で自分を認めて褒めてあげることをオススメします。

実はこれは最も簡単な方法で自分で褒めることなら相手を必要としないので誰にでも出来ます。

精神的につらいとネガティブな気持ちになってしまっているので、そんな時は自分は本当によく頑張っている、エライと褒めてやり、さらには自分にご褒美をあげましょう。

欲しかったブランド品をを購入する、気になっていたスィーツを食べる、ちょっといいお取り寄せをネットで選ぶことで心が少しラクになり楽しい気持ちになれます。

2.自分の時間を作る

心がしんどい時の対処法として自分の時間を作ることを挙げることが出来ます。

心がしんどい時は出来るだけ他人と接しないようにするといいでしょう。

普段は大丈夫でも心がしんどい時は人との接触も気疲れしてしまいます。

また人と接することで様々な情報が耳に入り、中には聞きたくないような事も少なくないのです。

さらに心がしんどい時というのは判断力が低下しているので他人の言葉に一喜一憂して心の振れ幅が大きくなってしまいます。

だから人と距離を取って1人でゆっくりと好きなことをするようにして下さい。

何もせずにぼーっとしたり、趣味に没頭するとまた人と接したいという気持ちになれます。

だから焦らないで1人の時間をゆっくり楽しめばいいのです。

3.しっかりと休む

心がしんどい時の対処法の定番中の定番がしっかりと休む事です。

心がしんどい時というのは心身ともに疲れてしまっているので十分に休息を取る必要があります。

無理をするとさらに心身ともに疲労するので悪循環に陥ってしまいます。

だから十分な睡眠を取りまず体を休ませて下さい。

まずは体がスッキリしないと心は晴れません。

心と体は密接にリンクしているので心がしんどい時には体を休めるように心がけましょう。

そうすることで自然と心も回復してきます。

体力が回復すればストレスに対する抵抗力もアップするのでしっかりと体を休めることが重要です。

4.動植物に触れる

心がしんどい時の対処法は自然に触れたり、動物に触れることと言うことが出来ます。

普段から鉢植えに水をやっているという人でも眺めるだけではなくその手で触れてみて下さい。

ペットを飼っているのならペットに癒されるのも1つの方法です。

残念ながらどちらも家にないという人は山や森にいく、もっと身近なところなら近所の花屋に足を運ぶといいでしょう。

また最近は猫カフェや動物と触れ合える動物園などが増えてきているので近くに動物と触れ合える場所がないかを探してみて下さい。

5.旅行に行く

心がしんどい時の対処法として旅行に行くのも有効です。

心がしんどい時は日常に疲れてしまっているので日帰りでもいいので非日常に出かけてみて下さい。

特に山、大草原といった自然が多い場所がオススメと言えますし、景色がいい場所にドライブで行くのもいいでしょう。

大自然の中にいれば自分の悩みがちっぽけなモノに思えてくるものです。

またキレイな景色をみて、キレイな空気を吸えば気分をリフレッシュできていい気分転換になります。

心がしんどい時の対処法は自分で自分を認めて褒めてやることです。

そしてご褒美をあげるのも有効と言えます。

さらに自分だけの時間を作り人との接触を断ちましょう。

あとはしっかり睡眠をとって体を休める、動植物に触れ合うと癒されます。

それから旅行にいけば手軽に非日常を得ることが出来て気分転換をすることが出来ます。