傲慢な人の特徴5個!自分に甘く他人に厳しい!

最終更新日:2018年2月3日

みなさんの身の回りを見回してみると傲慢な人が何人か思い浮かぶのではないでしょうか?具体的な知り合い以外でも町で見かける人の中に傲慢な人はけっこうたくさんいます。

傲慢な人だと思われずに謙虚でいるために傲慢な人の習性を知っておくことは反面教師として重要です。

ここではそんな傲慢な人の特徴を紹介します。

1.自己中心的

傲慢な人を一言で言えば自己中心的な人です。

自分を中心に世の中が回っていると思っている節があるので自分の思い通りにならないと他人のせいにしたり、自分の思い通りに行動することを他人に強要します。

仕事で部下や下請け業者に高圧的な態度で無理難題を押し付けたり、家庭内でいつも自分優先で動いている自己中心的な人は、傍から見れば傲慢そのものですが、傲慢な人本人から見れば、能力が低い周囲が悪い、こっちが周囲に気を使ってやっているんだという自分中心の考えしか持っていないので話が通じません。

2.自分に甘く他人に厳しい

傲慢な人は自分に甘く他人に厳しいです。

仕事上で他の人がミスをすればここぞとばかりに叱責して自分が完璧人間のように威張りますが、実際のところは同じようなミスを自分もちょこちょこしているのに「運が悪かった」「すぐに気付いたから大丈夫だった」と甘い言い訳をして悪びれることもありません。

他人に厳しい人でも自分にも同じように厳しくしている人なら、周囲も言うことを聞く気にもなりますがそのようなダブルスタンダードな行動をする人はただの傲慢な人として毛嫌いされます。

3.他人を振り回すことを何とも思わない

傲慢な人は他人に手間をかけさせることに対する配慮に欠けています。

自分のわがままで既に予約した店を変えさせる、旅行のスケジュールを変更させて幹事に手間をかけさせるのは日常茶飯事です。

一つ一つは大した手間ではなくても自分のために誰かを振り回すことへの配慮は普通の人ならあるはずですが、傲慢な人にはそれがありません。

「悪りい、代わりに全員に連絡しといてくれる?」と軽いノリで面倒な手間をかけさせたり「面白いプラン考えておいてよ」と丸投げしておきながら「ちょっと高いから、別のプランにしよう」とダメ出しするのも傲慢な人の特徴です。

4.気分屋ですぐに場の空気を悪くする

傲慢な人は気分屋でちょっと嫌なことがあると顔に出て露骨に不機嫌になります。

理由は上記の通り自己中心的で自分の思い通りにならないと気がすまない性格からですが、周囲にとっては溜まったものではありません。

せっかくの楽しい飲み会の場で、一つ気に入らないことがあっただけでブスっと不貞腐れていたり、苦言を呈されただけで黙り込んでしまったりと、場の空気を読んで行動しません。

というより、周囲に自分が合わせるという概念を持っていないがゆえに傲慢な人と言えるでしょう。

5.みんなが気を使ってくれていることに気付かない

そんな傲慢な人が世の中で仲間はずれにならずになんとかやっていけているのは周囲の気遣いや我慢があるからです。

ちょっとのことで機嫌を損ねたりわがままを言うのを知っているので、周囲は腫れ物に触るような扱いで、飲み会をするなら傲慢な人のスケジュールや希望を最初に聞いたり、意見が分かれたら傲慢な人に合わせたりと大人の対応をしています。

しかし傲慢な人本人はそんなことには気付かないので自分はみんなから好かれているから優先してもらって当然という態度になってますます傲慢になっていくのでたちが悪いです。

いかがでしたか。

傲慢な人の最大の特徴は自分が傲慢な人でみんなに煙たがられていることに気付いていないことと言えます。

一度誰かにガツンと言われて反省したり、傲慢が理由で大失敗をすれば懲りるのですが、周囲が気を使って面倒を起こさないようにしている限りますます増長してしまうのが、傲慢な人の困った特徴です。