カリスマ性がある人の特徴5個!華があり行動力が凄い!

最終更新日:2018年2月15日

みなさんの周りにカリスマ性がある人はいますか?友達でも会社の先輩でも、もしくはテレビの中の芸能人やミュージシャンなど、カリスマ性がある人はこの人の言うことなら絶対正しい、この人にならどこまでも付いて行きたいと感じる何かを持っていますよね。

ここではそんなカリスマ性がある人の特徴を紹介します。

1.見た目に華がある

カリスマ性がある人の特徴は、まずどんな人でも見た目に華があって他の一般人とは違うオーラを纏っていることが挙げられます。

個性的なファッション、かっこいい、美しいルックスという部分だけでなく、優雅な仕草、特徴的な話し方など平均的な一般人と差別化する要素を必ず持っています。

時には服装に無頓着でぼさぼさ頭の学者肌のカリスマなど、とにかく普通の人とカリスマ性がある人は見た目からしてはっきりした違いがあり華があります。

周囲の人たちも自分と違う世界を見ていそう、自分の知らないことを知っていそうと思うからこそカリスマ性が生まれるのでしょう。

2.確信を持った言動をする

カリスマ性がある人は確信をもった言動をします。

つまり、根拠が無くても断言口調で話したり、よくよく分析するとめちゃくちゃな理論でも自信満々に話したりする特徴があります。

「〇〇の場合もあれば〇〇の場合もあるけどみなさんいかがでしょう?」なんて曖昧な自信のない言動をするカリスマはあまりいませんよね。

カリスマ性のある人は周囲を扇動するために計算ずくであるにしろ、自己陶酔の域に達しているにしろ、確信を持ったはっきりした言動をします。

3.積極的な行動力がある

カリスマ性がある人は口だけではなく積極的に行動します。

みんなが尻込みしてなかなかチャレンジできないリスクの高いビジネスに自ら飛び込んでいったり、世の中から変な目で見られるのを恐れずに奇抜なファッションにチャレンジしたりと、一般人ができないことを率先して行動します。

当然周囲の人はなかなか真似できるものではないないので、批判や嘲笑すらオーラに変えるカリスマ性が生まれます。

4.弱みを見せない

カリスマ性がある人は周囲に弱みを見せずに常にポジティブに前を向いています。

多少の失敗にはへこたれない強さと、鈍感さを兼ね備えています。

一般人なら一度の失敗で諦めてしまうことに何度もチャレンジする。

不安要素がいっぱいあるのに明るく振舞うという一般人離れした精神力が強みです。

失敗やリスクを恐れてくよくよしている姿、諦めの気持ちを表に出さないからこそ、周囲の人はこの人に付いて行けば上手く行きそうな気がする。

この人ならこの先なにかすごいことを達成できそうな気がすると付いてくるようになります。

5.周囲と距離を置いている

カリスマ性のある人は周囲と適度な距離感があることも特徴です。

生活感の無さやミステリアスな部分がある程度保たれていることによって、周囲の人に想像力を働かせる余地を与えています。

カリスマ性のある人は心のうちを100%周囲に見せないことで、何か一般人とは違う能力があるのではないか、いくつも切り札を備えているのではないかという期待感を演出しています。

実際はハッタリだったり何も考えてないだけかもしれませんが、カリスマ性がある人は見えている部分よりも自分を大きく見せる伸びしろを自己演出しています。

いかがでしたか。

みなさんの身の回りにいるカリスマ性がある人にも上記のほとんどが当てはまるのではないでしょうか?カリスマ性がある人は理屈ではなく周囲が付いて行きたい尊敬したいと思うようなオーラを持っていて、それは天性のものだったり自己演出の賜物です。

カリスマ性を纏うことは簡単にできるものではないので、カリスマ性を持った人は本人にとっても周囲にとっても貴重な存在です。