何もやることがない時の対処法7個

最終更新日:2018年2月14日

何もやることがないと手持ち無沙汰になり、余った時間をどう使うか悩んだことありませんか。

日々、忙しさに追われている人にとっては何もやることがない時間は喉が手が出るほど欲しい時間です。

しかし、いざ暇になると何をしていいかわからなくなってしまう人も多いですよね。

ここでは、何もやることがないときにどう対処したらいいのか紹介していきます。

1.散歩に出かけてみる

暇になった時、自宅にいても退屈な時はありませんか。

そんな時は外の空気を吸って散歩してみると気分もスッキリします。

散歩中に普段気づかなかったことを見つけたり、普段通らない道を探検してみるのも童心に帰ったようでなかなか面白いです。

何もすることがなくて退屈な気分も、冒険気分で散歩をするとゲーム感覚で楽しむことができますね。

2.資格の勉強をする

普段なかなか忙しくて資格の勉強をしようという気持ちになりにくいですよね。

何もやることができないときこそ、いいきっかけになります。

自分が興味のある資格の勉強する時間は自分磨きにもつながり、有意義な時間を過ごすことができてオススメです。

3.大掃除をする

何もやることがないと感じていても、家にはやることがたくさん溜まっています。

時間がある時に普段掃除しない細かいところまで大掃除すると家も気持ちもスッキリして一石二鳥です。

探してみるとエアコンの中や換気扇など普段掃除をしないところは汚れが溜まっています。

時間があるときに大掃除に取り組んでみてはいかがですか。

4.断捨離をする

3の大掃除に続いてオススメなのが断捨離です。

家に着ない服、不要な物って気付かないうちに溜まっていませんか。

断捨離をすると家にあるものが把握しやすくなり、無駄なものを買うことが減ります。

不要なものを置いておいても荷物になるだけですよね。

断捨離をして不要なものを捨てるという行為だけでも見定めに時間がかかります。

時間がある時にしかできない行為なので、自分の持ち物を見直すきっかけにしてもらいたいです。

5.凝った料理をつくる

何もすることがないと退屈な気分になりますよね。

そんなときは普段作れない時間のかかる料理に挑戦してみてはいかがでしょうか。

普段作らないおかし作りやパン作りなど凝った料理に挑戦してみると意外とハマるかもしれませんよ。

美味しい料理を作るために試行錯誤する時間は、完成した時に達成感も得ることができますよ。

6.自己啓発をする

普段、自分自身を見つめる時間なんてあまりありませんよね。

何もすることがない時に自分自身を見つめ直すと自分自身の新たな一面が発見できるかもしれません。

また、これからの目標、仕事のことなど将来のプロセスを考えるいいきっかけにもなりますよ。

7.通販サイトを見る

通販サイトにはたくさんの商品があるので見ているだけでも楽しく、いい暇つぶしになります。

洋服のサイトを見ながら空想でコーディネートを考えるのも楽しいですよね。

今や幅広い商品を取り扱う通販サイトがあるので暇つぶしにはぴったりです。

何もすることがなくなったときに手持ち無沙汰になっても、いざ探して見るとたくさんの対処法が見つかりました。

自宅の整理整頓から自己啓発、趣味まで多くの対処方法があります。

ちょっとした暇つぶしであれば、スマホ一つで手軽に時間を潰すことができます。

日頃忙しい人でも、いざ何もすることがないとしたいことがあってもどうしらいいのかわからなくなります。

そんなときは日頃できないことを思い浮かべ、したいことを優先的に行い、有意義な時間を過ごすことがオススメです。

気分がスッキリしたい人には大掃除や整理整頓をしてスッキリするのもいいですね。

何もすることがなくなったら、こちらの記事をぜひ参考してみてください。