芯が強い人の特徴7個!自分の意見があり動揺しない!

最終更新日:2018年2月10日

誰もが憧れる芯が強い人ですが、真似をして上手く出来るほど簡単なものではありません。

その場で取り繕えるものでもない為、どうすれば芯が強い人になれるか模索をする日々が続く人も多いです。

そこで今回は芯が強い人に少しでも近づけるようになる為にその特徴をご紹介します。

1.自分の意見をしっかり持っている

芯が強い人は仕事もプライベートもはっきりとした自分の意見を持っています。

その日の気分などでブレたりしないので、どんなことにも安定感があります。

安定感があると自然と物事が持続出来るようになるので、努力家と評価してもらえることもあります。

良いことずくめな特徴ですが、そうなる為には生まれ持っての性格以外に自分を心を強く持つ為の努力をしています。

2.あまり動揺しない

例え自分の意見が間違っていたとしても芯の強い人はあまり動揺しません。

何故なら自分が考えてきたことに強い自信があったからです。

自分の強い自信を持った意見が間違っていたらとても辛い気持ちになるとは思いますが、芯の強い人は柔軟な考えも持ち併せているので、間違った意見をすぐに修正し自分のものにしてしまいます。

何より結果的には間違っていたとはいえ、その意見にたどり着いたプロセス自体は間違ったものではないという前向きな気持ちが芯の強い人を支えているのです。

3.他人から煽られても気にしない

会議や討論の場で自分の意見を述べる際に、どうしても自分の意見に対して良く思わない人はいます。

その人が自分の意見に対してまるで挑発をするような言い方をしても芯の強い人はそれほど気にはしません。

何故なら間違っていようが合っていようが、自分の考えを述べることの大切さを知っているからです。

完璧な人間なんていないのだから、自分も相手もよほど的外れなことを言わなければそれでいいという大らかな考えを持っているのです。

そんな芯の強い人は討論などが苦手な人からしたら憧れの存在であると言えます。

5.いつも心強い味方がいる

芯の強い人は仕事においても信条などが気分で左右されることはありません。

そんな芯の強さに惹かれてか、周りにはたくさんの仲間がいることも珍しくありません。

ただのなれ合いではなく、本当にお互いを尊重した仲なので、人数も多ければひとり一人の絆も深めることが出来るといった幸せな人間関係を築けます。

そして芯が強い人は仲間思いの部分でも一貫しているので、見限られることはまずありません。

6.信頼を得るのが上手

芯の強さによって真面目、誠実、頼りがいがあるといった良いイメージを持たれるようになります。

良いイメージはそのまま信頼の大きさにつながるので、比較的に信頼を得るのが得意と言えます。

しかし芯の強さをずっと続けるのは至難の業で、少しでも下心があると行動にブレが生じたりその下心を見透かされてしまい上手くいかなくなります。

誰もが出来るわけではないところを見ると、芯の強さは選ばれし特権と言っても過言ではありません。

7.少し頑固になってしまうこともある

時には芯の強さは悪い方向に働きかけてしまうこともあります。

自分と違う意見の人とぶつかった時、相手を認めるといった柔軟な行動が出来ない人もいます。

決して悪い人なのではなく、自分の思いが強すぎるが故に対立してしまいます。

しかしただの頑固者ではなく本当に芯の強い人なら、熱くなってしまった自分を反省することが出来るのが救いであると言えます。

芯が強い人は人としてお手本になる方が多いです。

誰もがその芯の強さを習得し実践できるかといえば、出来ないことが多いです。

何故なら芯の強さとは本人の性格の良さ、気持ちの強さ、物事に対する真剣度の全てが最大限に発揮されないと芯の強さも発揮出来ないからです。

しかし周りにそんな芯の強い人がいたら、自分も良くなるチャンスだと思ってぜひ真似をしてみるといいでしょう。