出世出来ない人の特徴は言い訳が多く、行動力がない!

最終更新日:2017年9月5日

会社で働いている人の多くが、仕事をしている自分を認めてもらいたいと思っているでしょう。

会社勤めをしている人が出世するということは、会社に自分の仕事ぶりを評価されたという自信につながります。

多くの会社員が出世することを目標にしては働いている中、いつまでたっても出世出来ない人もいてます。

では、出世できない人にはどのような特徴があるのでしょうか。

1.言い訳が多い

仕事でミスをしたことが無い人なんていないでしょう。

出世出来る人と出来ない人の違いは、仕事でミスをし後の行動の違いにあります。

ミスを犯した時に、言い訳ばかりしてそのミスの責任から逃れようとする人では、出世するチャンスは到底やってこないでしょう。

何か問題が起こった時に最後まで責任が取れる人には、仕事を安心して任せることができます。

失敗から逃れる為に言い訳ばかりする人は、信用ができず周囲からの信頼を得ることもできません。

後輩の失敗をフォローせずに責任を全て押し付けるような人では、上司になる素質は無いと言えるでしょう。

出世できる人は、部下の責任もしっかり取ることができる人です。

言い訳ばかりして自分の失敗の責任からも逃れようとする人には、出世のチャンスは巡ってこないでしょう。

2.行動力が無い

自分から一切提案や代案を出さずに人から与えられた仕事をこなしているだけの人は、出世出来る可能性は少ないです。

常に受け身の姿勢で行動力が無い人は、人の上に立つことができません。

与えられた仕事以上の仕事ぶりを発揮して、初めて行動力があると周囲に認められて評価されるのです。

与えられてた仕事に満足していては、いつまでもその上の段階へ進むことは無く出世出来ないでしょう。

周りから評価をされて出世したいのであれば、仕事に対するやる気を見せなければなりません。

今の仕事のやり方からさらに一歩前進するためにはどうすれば良いのか考えて、行動に移してみることが大切です。

3.集団行動が苦手

集団で行動するのが苦手な人は、周囲と仕事上の良い関係を持つことが難しいので、出世が見込めないでしょう。

出世ができる人は、団体行動がしっかりとでき、大勢をまとめる統率力がある人です。

自分勝手な行動でチームの輪を乱すような人には、チームのメンバーをまとめて仕事をすることができません。

出世したいのであれば、集団行動を心掛け、周囲と協力し合って団結して仕事をしていくことが大切です。

会社の飲み会に参加しない若者が増えていると言いますが、これも集団行動から外れた行動だと言えるでしょう。

飲み会に参加することは仕事とは関係無い行為のようにも思えますが、飲み会で親睦を深めて良い人間関係を作るという重要な役割があります。

4.社内での評判が悪い

出世出来ない人は、社内での評判が悪い人が多いです。

上司や人事は、社内での評判をしっかりとチェックしています。

上司にうまく媚びて取り繕っているような人でも、後輩や女性からの評判が悪いと出世が難しいです。

社内での悪い評判は、すぐに噂となって広がるものです。

後輩に対する扱いがひどかったり、女性関係がだらしなかったり、社内での評価が悪いと、出世の妨げになるでしょう。

出世したいのであれば、社内での印象が良くなるように日頃の行動を改める必要があるでしょう。

周囲からの評判が悪いようでは、上に立つポジションを任せることはできません。

出世出来ない人は、仕事でミスした時に言い訳ばかりで責任逃れしようとする人や、与えられた仕事をこなすだけで行動力が無い人、自分勝手で集団行動が苦手な人などがが多いです。

また、社内で評判が悪いようでは、大勢をまとめる上のポジションを任せることはできません。

会社で出世したいのであれば、出世できない人の特徴に当てはまらないよう気を付けて行動するよう心がけましょう。