愛されキャラの特徴5個!笑顔を絶やさず友好的!

最終更新日:2018年1月29日

誰からも好かれて愛される性格の人が、あなたの周りにも1人はいるのではないでしょうか。

失敗や間違ったことをしても笑って許されたり、男女問わず可愛がられる「愛されキャラ」の人の特徴とは何なのでしょうか。

1.笑顔を絶やさない

誰でも怒った顔の人より、笑顔の人の方を好きになるものです。

愛されキャラの人は、常に微笑んでいて、笑っている印象があります。

すれ違いざまに微笑まれたり、笑顔を返されたら、それだけで好感が持てます。

本人は特に意識している訳ではないのですが、もともとの顔が微笑んだような顔で、口角が上がっているという特徴があります。

そんな顔をしているため、楽しいことがなくても常に笑顔を絶やさない人という印象が付きやすいのです。

つらいことや嫌なことがあったときに、愛されキャラの人の顔を見れば癒されて心が和む理由は、笑顔を絶やさずに幸せそうな顔をしているからです。

2.雰囲気が穏やかで誰にでも友好的である

せっかちで常に動き回っている人は、近寄りがたくて堅物なイメージがあります。

その逆で動作がゆっくりで落ち着いていて穏やかに行動している人は近寄りやすくて温和なイメージがあります。

愛されキャラの人は、普段から雰囲気が穏やかで、落ち着いて行動出来る人です。

なので自然と人が寄ってきていつも周りには人が集まってきます。

そして、たくさんの人が集まってきても、誰にでも友好的な態度で接し、孤立している人がいたら近寄って行って気楽に話しかけたりも出来る人です。

そんな態度を見て嫌な気分になる人はいません。

話していても物腰柔らかで接しやすいのも特徴です。

3.人によって態度を変えることがない

人は見た目の印象や先入観で人を判断しがちです。

なので、身なりが悪かったり、自分と性格や価値観が合わない人には自然と拒否反応を示してしまうものです。

また、嫌いな人や気に入らない人に対して、それを態度に表してしまったり、避けたりといったことをしてしまうことがあります。

しかし、愛されキャラの人は、人を見た目や先入観で判断することがありません。

したがって、人によって接する態度を変えることはまず無いと言っていいでしょう。

人が好きで人を悪く言うことはなく、人の良い所を分かってくれて、引き出してくれるのが愛されキャラの人です。

4.話をちゃんと聞いてくれる

人は誰しも自分の話を聞いてほしいものです。

SNSが発展した理由は、自分の下らない話を自分の好きなときに世界の他者に発信できるシステムだからです。

それと同じように、愛されキャラの人はどんなに下らない話でも、つまらない話でも、嫌な顔をせず最後まで聞いてくれます。

愚痴や悪口を言っても、微笑みながら話を聞いてくれるので、それだけで話している人は気分が良くなります。

また、ただ聞くだけではなく、的確な受け答えをしてくれて話を合わせてくれるので、最後までいい気分で会話をすることが出来るのです。

そして、色々な人と話をする機会があるので、どんな話にも合わせられ、話題も豊富なのも特徴です。

5.兄弟姉妹の中で末っ子である

兄弟姉妹の中の末っ子というのは、親や兄弟姉妹に可愛がられて育ちます。

家族の中では永遠に可愛い末っ子として育つので、そんな中で育った人は、生まれながらにして人に愛嬌を振りまく天才です。

可愛い可愛いと言われ続けてきたので、自分は可愛いものなのだと自信を持っています。

そんな人は、家族以外にも愛嬌を振りまくのが上手です。

末っ子は、愛されキャラの申し子と言っても過言ではないのです。

特に、年上相手だとその愛されキャラが存分に発揮されます。

なんとなく、何かしてあげなくてはという気分にさせて、周りに行動を起こさせるのです。

なので、自分では動かなくても周りが全てやってくれるので、まるでお姫様や王子様のようです。

ですが、愛されキャラが故に憎まれることはありません。

むしろもっと好かれていきます。

人は、誰からも愛されたいと願うものです。

しかし、それはなかなか難しいことです。

誰からも好かれる、愛されキャラの人は何も特別なことをしているわけでは無く、自然と誰からでも好かれる行動が取れる人です。

愛されキャラの人は、誰かに好かれたいと思ったら自分から歩み寄って心を開いていける人です。

自分も愛されキャラになりたいという人は、まずは自分から相手に対して心を開いてみましょう。