どんくさい性格な人の特徴3個!欲がなく心がキレイ!

最終更新日:2018年2月2日

どんくさい性格な人は、生きていく中で損をするケースが多く、決して理想的な性格とは言えません。

特徴を見ると似た部分が多く、どんくさい性格な人特有の特徴があります。

そこで、どんくさい性格な人の特徴を紹介します。

1.欲があまりない

人間は誰でも欲があるので、欲の達成に向けて行動を起こしますが、人によって欲の強弱は違います。

特に、どんくさい性格な人は欲があまりない人が多く特徴の一つです。

どんくさい性格な人は生まれつき欲があまりない訳ではなく、どんくさい性格が原因で欲が薄れていきます。

何かを手に入れる場合、人気があるほど競争率が高くなり入手し難い状態になります。

競争に勝つタイプは、ガツガツ系や実行力がある性格の人で、どんくさい性格なタイプは敗者に回りやすくなります。

どんくさい性格は、見た目の動きが遅いというよりも行動するまでが遅いため、先を行く人に色々取られてしまいます。

そういった経験を重ねる内に、どうせ駄目だからと自分を誹謗するようになり、欲があまりなくなっていきます。

諦めるとドンドン悪い方向に進むため、どんくさい性格が更にアップしてしまいます。

2.心がキレイ

どんくさい性格な人を見ると、心がキレイな人が多く特徴的な部分です。

どんくさい性格で人に先を越されていた場合、負けたくないという気持ちが強くなり、色々な方法で努力をするので、どんくさい性格から抜け出します。

しかし、心がキレイな人は譲ってもいいやと考えるため、いつまでもどんくさい性格な人になります。

心がキレイだと、負けることや人が得することに対し、負けてたまるかという気持ちにならないので、見た目はフンワリしたタイプが多く話をしても柔らかい感じの人が主流です。

ガツガツした性格は、人を追い込んででも自分が得をしたいと考えているので、心は比較的黒に近いタイプが主流です。

友達として付き合う場合はどんくさい性格な人が良く、一家の柱として考える場合には向いていないタイプです。

しかし、心がキレイだと人から憎まれないというメリットがあるので、人間性を武器にした生き方をすると成功しやすくなります。

商売で成功した社長でもどんくさい性格な人はいて、その人の周りを見ると人間性に惹かれて優秀な人材が付いてきてるケースもあります。

3.だらしない

個人差があるので全てとは限りませんが、どんくさい性格な人はだらしない人が多いという特徴があります。

片付けができなくてだらしないタイプや、人付き合いがだらしないタイプ、金銭感覚がだらしないタイプなどだらしなさは人によって違います。

ただ、どんくさい性格な人がだらしない場合は、気がついたらそうなっていたというケースが多く、悪い方向に進んでいる間に気が付かない傾向があります。

例えば、部屋が汚れてきたなと薄々感じながらも、まだ掃除しないでも大丈夫だろうと思いそのままにしておきます。

その後、気付いた時にはゴミ部屋級になっていて、手がつけられなくなる場合もあります。

人付き合いの場合でも、どんくさい性格な人は早目の対処をしないので、人とトラブルがあった際の対応が遅くなりこじれてしまいがちです。

どんくさい性格な人にだらしないタイプが多いのは、早い対応ができないという点が大きな理由で、対応が遅くなることで余計に対処が難しくなります。

どんくさい性格な人の特徴は遅いという部分での特徴が多く、考え方が遅かったり行動が遅いなど、どんくさい性格な人の中にもタイプがあります。

また、どんくさい性格な人は性別問わず存在しているため、性格によってもどんくさい行動に違いがあります。

女性のどんくさい性格な人は、男性からモテるタイプでもあるので、早く結婚するという特徴もあります。