IQが低い人の特徴3個!要領が悪くキレやすい!

最終更新日:2018年2月3日

IQは先天性的な要素が高く、子供の頃からIQが高い人もいます。

逆に、子供の頃からIQが低い人もいるので、それぞれに違った特徴が出てきます。

ここでは、IQが低い人の特徴について紹介します。

1.要領が悪い

IQが低い人は勉強や仕事、生活面での行動など全体的に要領が悪いという特徴があります。

ずば抜けたIQを持っている人は極一部で、ある一定のIQを持っている人が主流です。

ただ、一定のLINEよりIQが低いと少し違う特徴があり、簡単なことを難しくやるという傾向があります。

簡単なことを難しくやる行動は、大きなくくりで言うと要領が悪いということで、IQが低い人ほど要領の悪い行動が目立ちます。

テスト勉強のやり方を見ると分かりやすく、IQの高い人ほど要領が良い勉強を行い、短い時間でも中身の濃い学習をします。

逆に、IQの低い人ほど長い時間をかけて中身の薄い学習をするため、結果として勉強をしても成績が悪くなります。

要領が良いと社会に出ても仕事内容に差が出るため、出世したり成功するなど良い結果を出す傾向です。

要領が悪いと、一生懸命に仕事をしても結果が出ないため、嫌になったり失敗から仕事を辞めるなど悪い方向に進みがちです。

2.ケアレスミスが多い

IQが低い人は集中力も低い人が多く、ケアレスミスが多いという特徴があります。

集中力が低いと落ち着きがなくなるため、簡単なミスをしたり間違ったやり方をするなど、色々な失敗をする傾向があります。

IQが高い人を見ると、必要なところで高い集中力を発揮する傾向があり、ケアレスミスを起こすような行動はしていません。

IQが低い人は、集中力を維持することも苦手なため、長く仕事や勉強に取り組むと頭に入らない状態になります。

しかし、IQが低い人ほど長く時間をかけて行動するため、余計にミスや中身の無い行動をします。

小学校で授業をしている時に1年生でも集中力が高い子供はいて、授業をしっかり受けています。

その為、授業だけでも勉強ができる子になり、自宅でプラスアルファの勉強をしなくても成績が良いという子供もいます。

IQが低いと、その時に必要なことをしっかり押さえるという行動が不足するため、授業中聞きもらしたり仕事中ならケアレスミスを起こす可能性が高くなります。

3.キレやすい

IQが低い人の特徴にキレやすいという部分があって、IQが高い人よりキレる確率は高い傾向です。

IQが低いと頭で処理する部分が少なく、感情が強く影響しやすいので、感情で対応するケースが多くなります。

感情で物事に取り組むと、キレやすく人とトラブルを起こすリスクも高くなります。

また、頭で制御するという能力も低い傾向があるため、そこまで興奮しなくてもという位に怒る場合があります。

IQが高くてもキレる人はいますが、キレても損得を考えて得を選ぶという冷静な対応ができるためトラブルになるケースは少なく、トラブルになったとしてもエスカレートしません。

討論会などを見るとIQの差が分かりやすく、激論をしていて興奮した発言をするシーンがあります。

IQが高い人は、興奮した発言をしても直ぐに冷静な発言に戻り、テーマについてしっかり話をします。

IQが低い人は、興奮した発言から冷静になるまで時間がかかったり、その後も直ぐにキレる状態になり、周りと違った雰囲気を出します。

IQが低い人の特徴を見ると、勉強ができるかどうかより取り組み方に違いがあり、その違いが結果を左右しています。

また、先を考えられるかどうかもIQによって差があり、IQが低い人ほど先を考えない行動をするという特徴があります。

先を考えないと乱暴な発言や行動をしがちになるので、失敗をする可能性が高くなります。