媚びる男性の特徴。人によって態度が全然違う!

最終更新日:2017年10月1日

ある程度大人になると、人を見た目や地位などで判断し、媚びるようになる人がいます。

今回はそんな媚びる男性の特徴についてご紹介します。

特徴を知っておくと、当てはまるその人の本来の姿が見えてくるかもしれません。

1.人によって態度が違う

媚びる男性の特徴的な行動が、人によって態度を変えるというものです。

例えば職場の上司に対しては腰が低く、丁寧な対応をしているのに対して、部下には命令口調で強気な態度、時に見下した発言なども見られるでしょう。

部下と話している最中に、上司から声をかけられれば、コロッと人が変わったように声のトーンや表情を一瞬にして変えてしまう男性は、媚びる男性と言えます。

自分と他の人とで態度が違う、または違う表情を見てしまったという場合は、その人は媚びる男性である可能性が高いでしょう。

2.嘘やお世辞が上手い

媚びる男性には、嘘やお世辞が上手いという特徴もあります。

自分の立場が危うくなったり評価が下がりそうな時は、人のせいにしたり上手な言い訳を用いてその場を上手くやり過ごすのです。

またお世辞も上手く、相手を褒めて機嫌をとるような発言を多くしますが、実際にはそう思っていないことも多くあります。

その場では「すごいですよね」「さすがです」と言いつつも、陰では「大したことない」「あんなの誰でもできる」と言っている場面も多く見られます。

思っていることと言っていることが真逆ということも多いため、二面性があると言えるのかもしれません。

自分の都合によって、嘘をつき周りの人を巻き込み、「自分さえ良ければ」という行動が多々見られます。

あまりにも褒めてくるという人が周りにいる場合、お世辞が上手い媚びる男性の可能性があるということを覚えておきましょう。

3.自分の意見を持っていない

媚びる人は「長い物には巻かれろ」という意識の中で生きています。

自分の思っていること、したいことを主張して生きていくのではなく、権力者や勢力ある者に従った方が有利であると考えるのです。

媚びたい相手の意見や行動に賛成賛同し、「ごもっとも」「さすが」「そうだと思っていた」と否定や意見することなく受け入れるのが媚びる男性の特徴。

自分の意見を持っていない媚びる男性は、芯がなく、一貫性もなく、流されやすいタイプの男性が多いと言えます。

その場その場で媚びる相手によって意見を変えてしまうため、信用できないことも多いでしょう。

4.無駄に笑顔が多い

媚びたい相手に良い印象を持ってもらいたいがために、無駄に笑顔になることが多いのも特徴の一つです。

特に笑える話、面白い話ではなくても、笑顔をキープし続ける男性。

相手に嫌な思いをさせないように、もっと距離を縮めるために、といった思惑から無駄に笑顔が多くなってしまうのでしょう。

ただ本当に心から笑っている訳ではないため、目が笑っていなかったり、引きつった笑顔になっていたりと、自然ではない笑顔がまた特徴的。

話をしようと「○○さん」と声をかけただけで、満面の笑みを作って見せるような男性は、媚びる男性の可能性が高いでしょう。

対応が良い男性と思いきや、単に媚びを売っているだけという場合もあるため、慎重な見極めが必要になるでしょう。

媚びる男性は、媚びることで自分の評価を上げたり、立場を守ろうとしている傾向にあります。

仕事で言えば、「努力して結果を出そう」というよりも、「関係を上手く築いて楽して出世したい」という考えの人が多いです。

二面性があったり時に嘘をついたりと、信用できない場面も多々見られます。

媚びる男性が身近にいないか、こうした特徴から見抜いて本来の姿を知り、接し方を考えていった方が良いでしょう。