威圧感のある人の特徴4個!気が小さく目つきが悪い!

最終更新日:2018年2月5日

威圧感のある人は見た目から近寄りがたい雰囲気を出していて、怖いイメージを持たれやすいタイプです。

見た目だけではなく発声にも特徴があるなど、色々な部分に共通した点があります。

ここでは威圧感のある人の特徴を紹介します。

1.目つきが悪い

威圧感のある人は目つきが悪いという特徴を持っていて、目つきの悪さから怖い人や近寄りがたい人などの印象を与えます。

人に対し威嚇したり威圧感を与える場合、目つきを中心に表情を使いますが、中でも目は印象を大きく左右するパーツのため、日頃から目つきが悪いと威圧感のある人だなと思われてしまいます。

逆に、目つきが良いと内心怒っていても周りが気付かないケースもあり、目つきによって人の印象は変わります。

目つきが悪く威圧感のある人は、内心と違う印象を持たれる時が多いので、思わぬ方向に進むケースがありマイナスな面も多いタイプです。

街を歩いていても、粋がった人からケンカを売られる場合もあり、目つきが悪いとトラブルに巻き込まれるリスクも高くなります。

2.伝達されないタイプ

人に物事を伝える時は伝えやすい相手と伝え難い相手がいて、威圧感のある人ほど話を伝え難いという点があります。

その為、伝達を省略されたり正確な内容を伝えてもらえないなど、威圧感がある影響で伝達されないタイプになります。

伝達する側からすると、話を伝えて怖い反応をされるかもという気持ちを抱き、話さないでおこうという選択をしがちです。

内容が悪い物ほど伝達されないため、威圧感がある人は情報を共有し難いという特徴があります。

ただ、威圧感があっても平気で懐に入れるタイプもいるので、そういった人が近くにいるとクッション的な役割になり、威圧感のある人でも過ごしやすい環境になります。

3.気が小さい

威圧感のある人は意外と気が小さいという特徴があり、自分の弱点を隠す目的で威圧感を出しています。

中には、内面的な強さから威圧感を出している人もいますが、こういったタイプは稀なため大抵の場合は気が小さい人です。

例えば、威圧感を出すために髭を生やす人や、スキンヘッドにする人、サングラスをかける人などがいます。

威圧感のある人という印象を周りに与えられると、気が小さい本性がバレ難くなるので、気が小さい人や自分に自信が無い人ほど、威嚇する行動をしたり大声を出します。

逆に、内面が強く真から威圧感のある人は、オーラが威圧しているだけで態度や声で威圧する行動はほとんどしません。

大人になってから威圧感のある人になった場合、学生時代の写真を見ると優等生的な雰囲気を出している人が多く、人生の過程で威圧感を出すようになったタイプです。

4.人と接することが嫌い

人と接することが嫌だなと考えた時、効果的な方法は威圧感を出して近寄り難い人になることです。

その為、威圧感のある人は人と接することが嫌なタイプが多く特徴と言えます。

威圧感のある人で、人と接することが好きな人もいますが、理解してもらうまで時間がかかったり誤解されて離れていくなど、コミュニケーションをとる上で苦労するという特徴があります。

中には、最初は人と接することが好きでも、威圧感が影響して人と接することが嫌いになるケースもあります。

威圧感のある人に話しかけた場合、話しかけるなと言ってくるケースもありますが、こういった人は人と接することが嫌いで威圧感を出しているタイプです。

威圧感のある人の特徴は、生まれつきか意図的かによって違いがあります。

生まれつき威圧感のある人は、内面は普通の人と変わらないケースがほとんどで、意図的に威圧感を出している人は内面的にも威圧してきます。

見た目で威圧感があっても話すと良い人もいるので、見た目では判断しないで話をして内面的な面を知った上でその人を判断することが大切です。