理解力を高める方法6個!質問上手でわからないことを理解する!

最終更新日:2018年2月5日

物事の理解力を高めることは子供のうちから養っておきたい能力です。

どのようにすれば早く確実に理解していけるのかご紹介します。

きっと学業や仕事、人とのコミュニケーションでも役立つはずなので参考にしてみてください。

1.何度も書いて何度も読み返す

書くことで理解力が高まることもありますから、説明を受けたりやるべきことを整理したい時などは頭の中で考えてばかりいないで書くようにしてみてください。

手間はかかりますが一文字ずつ書きながら少しずつ理解していけますし、後から書いたものを読み返したりキレイに書き直したりするとさらに頭にやきつけることができます。

書き残しておくことで完全にわからなくなる前に確認することもできるため、理解力を高めながら自信もつけられて一石二鳥です。

2.なぜそうする必要があるのかを理解する

何かをやろうとしたり自分を変えようとしたい時はなぜそうする必要があるのかを理解しなくてはいけません。

わからないままやり方を教わってやっても嫌々やっていると身につかず、ひどい時はその教わったやり方を前以上に避けようとしてしまうようにもなります。

理解力が高いことで得られるメリットは人から得られる高い評価やできるという自信とやる気が身につくことです。

それらを意識しながら理解力を高めることに前向きになってみてください。

3.日頃からそれに関する事を学んだり経験する

理解力を高めるにはその時だけ必死になっても難しいという場合もあり、日頃からそれに関することを学んだり経験しておこうとする心がけも大切です。

例えば、学業であればテスト前だけ慌てて理解しようとするのではなく日々の授業や家庭学習を真剣に取り組みます。

毎日当たり前のように学んできたことで大切なテストの前も一から理解する必要はなくなりますし、力がついていると楽しくなることだってあります。

積み上げていくことで理解力は身についていくのです。

4.説明が上手な人に教えてもらったりわかりやすいテキストを使う

理解力がないのは説明する相手側に問題があるという場合もありますから、説明が上手な人に教えてもらうようにしたりわかりやすいテキストを選んで理解していきましょう。

また、説明が上手な人だとしても嫌いな相手では聞こうとする態度も悪くなってしまいます。

お互いに好意的で良好な関係が築けている相手を選ぶと一層理解しようと努力できます。

5.質問上手になってわからないままにしない

理解力を高めるには質問上手になってわからないままにしないことも大切です。

とっかかりでわからないことがあると進めばますますわからないことだらけです。

しかし、遠慮して質問できないような人やかっこばかりつけてしまう人はわからないことをそのままにしてやり過ごそうとします。

それでは理解できないどころか教えてくれる人も減ってしまうかもしれません。

質問して理解力を高めながら支えてくれる人脈作りも意識してみてください。

6.それをやるための取り組み方や環境作りを人から学ぶ

それをやるための取り組み方をできる人の様子を見て学びましょう。

また、理解力を高めるために集中して取り組めたり効率良く進めることのできる環境作りも欠かせませんが、それも経験者や得意とする人から学ぶとイメージしやすくなります。

理解力を高めるには成功者の技を盗むのがオススメです。

それをせずに頑なに自分のやり方を貫いてしまうといつまでも要領が悪いままです。

理解力を高めるには日々の努力や意識も必要です。

物覚えが悪かったりズボラな性格でも努力をして少しずつ身につけていけると前向きに考えられるようになります。

理解力を高めて人に憧れてもらえるような自分を目指してみませんか?